換気扇の異音の修理業者

換気扇は生活をするには必ず必要な存在で、長く利用をしていると異音や調子が悪くなり、効率よく空気の循環ができなくなる場合もあり困る場合が出てきますが、最近では専門の修理業者さんが存在をしているので簡単に修理をして快適にする事ができます。また多くの業者さんがいるので、価格やサービス内容等を比較をして選んで依頼をする事もできるので経費の節約にもなるので経済的な時代になっています。最近インターネットの普及で換気扇の異音等を直してくれる業者さんを簡単に探す事ができます。またホームページ等を持つ業者さんも多く、詳しいサービス内容を掲載しているので安心をして利用する事ができ、見積もりや修理依頼もメールなどで受付をしてくれるのでとてもありがたいです。またクチコミサイト等にも多くの情報があるので初めて利用する時には参考になります。

換気扇の異音油をさしてみる

以前とても古い賃貸に住んでいました。家賃は安いのですがとにかくどこもボロボロで大変だったような気がします。中でもキッチンの換気扇はびっくりするくらい古くて汚れていました。もともとちょっと歪んでいるような感じでしたし、外のフタの部分を開ける時もものすごい音がします。また、それだけでなく換気扇自体が動く時もなんだか異音がするのでこまりました。特にスイッチをつけ始めた時に変な音がしていましたが、汚れが原因かと思い取り外してみたりいろいろしたと思います。結局油をすこしさしたらなおりましたが、やはり毎日使うのでいろいろいたんできたりする部分もあるのかもしれません。今のところ音が気になったら油をさすようにしていますが、それでもなんとか使えているので大丈夫かなと思います。音だけなら特に問題ないと思いますが焦げくさいのはあまりよくないみたいです。

お風呂の換気扇の異音

築10年を迎えたある日、お風呂場の換気扇の異音が気になり始めました。音がなんとなく大きいような気がすると私は思ったのですが、夫に聞いてみてもいつもと変わらないんじゃないかと言われました。そう言われるとそうなのかな?と様子を見ることにしました。ですが、一度気になりだしたら気になって気になって仕方がなくなってきました。明らかに大きいような気がします。夫もそのうちやっぱり音が以前よりもうるさくなっているのかもしれないと言い出しました。突然大きくなったのならすぐにわかるのですが、日々使っていく中で徐々に大きくなっていったものは慣れもあってすぐには気づきませんでした。そして夫が休日のある日、掃除を決行することにしました。ですが、思ったよりも大変でした。ネットで調べながら掃除をしたのですが、ドライバーを持ち出しては備品を外さないといけないというものでした。これは一般家庭ではたいへんです。何とか二人係でああでもないこうでもないと試行錯誤しながら掃除を終えることができました。案の定、ファンにはびっしり10年分の埃がたまっていました。おかげさまで音は静かになりましたが換気扇の掃除はとても大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)