劣化による換気扇の異音は交換がベター

室内の換気といいますものは、非常に大事な事柄であると考えます。生活臭などがこもったりしますと、それが蓄積されていわゆる臭う家にまっしぐらになってしまう可能性が大きいからです。ですから、昨今の住宅に於きましては生活臭などが発生しやすい箇所には、換気扇を設けてある設計というのが一般的になっているかと思います。しかしながら、形あるものはいつか壊れる宿命を持っている事は当然であり、モーター部分の消耗や油汚れなどの理由により、異音が発生するなどの劣化が起きてきます。そんな場合には、十分な効果を維持する為に交換するという方法が、望ましいのではないかと思いますが、賃貸であればオーナーへの確認が必要ですし、自己所有であれば業者に依頼するか、比較的簡単に交換が可能な場合も多いので、自分で交換なさるというのも良いのではないかと思います。

換気扇の異音の原因と解決法

換気扇から異音がする場合、大きく分けて二つの原因が考えられます。まずは、長期間使用していたことによって、モーターの軸がずれてしまっていることです。この場合は、モーター自体を交換するよりも、換気扇本体を交換したほうが安くつくことが多いので、業者に見積もりをしてもらうと良いでしょう。もう一つの原因は、ファンの部分にゴミが付着することによって、回転がぶれて異音を発しているというものです。この場合は、ファンに付着したごみをきれいにするだけで、解決する場合もあります。1か月に一回の割合で、ファンを取り外して掃除する習慣をつければ、ゴミがたくさん付着することもないので、トラブルを回避することができます。重曹を入れたお湯の中に1時間から2時間つけておくと、ベタベタした汚れもスポンジで拭くだけで簡単に落とせます。

換気扇から異音がしたら洗い方を見直そう

キッチンで料理する時などに必ず利用する物と言えば換気扇があります。料理を毎日行っている方にとってはそれこそ毎日動く機械ですので、油汚れが酷くなってくると掃除をする方も沢山いらっしゃるかと思います。しかし、掃除をして綺麗にしたのにしばらく経つと異音が聞こえてきた、という方が多くいらっしゃいます。もしそのような症状が出て来た時は油が切れている可能性をまずは疑いましょう。換気扇を掃除する際に洗剤の液体に付けておく方法で洗う方はいますが、その時にモーターの回転軸などもすべて洗っている場合、機械油やグリスが取れてしまっている事があります。洗剤で全ての部品を脱脂してしまうと焼き付いてしまい、最悪な場合壊れて交換する羽目になってしまいます。逆に言うと機械油やグリスを一度回転軸の箇所に塗ってやると改善される場合が多いです。それでも異音がする場合は業者に連絡して、早急に症状を直してもらって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)